ぬくもりグループは介護と医療が連携し、リハビリを通して在宅復帰支援を本気でサポートしている会社です。「介護・医療連携」と「在宅復帰」の二つのキーワードをもとに働く職員が誇れる日本一の職場を目指しています。ぬくもりグループ理事長安川 義孝 ぬくもりグループは介護と医療が連携し、リハビリを通して在宅復帰支援を本気でサポートしている会社です。「介護・医療連携」と「在宅復帰」の二つのキーワードをもとに働く職員が誇れる日本一の職場を目指しています。ぬくもりグループ理事長安川 義孝

ぬくもりグループで働く6つの魅力

ぬくもりグループで働く6つの魅力

医療と介護の多職種連携

ぬくもりグループは、医療法人(病院機能)と、社会福祉法人(福祉機能)の2つの法人格をもっています。(医療法人誠安会&社会福祉法人誠敬会 )
よって、治療やリハビリという観点を持ちながら、介護やケアを実践していく連携体制がとれています。そのため、利用者様にとっては安心感を、職員にとっては多職種連携を通じたスキルアップを実現できます。

社内研修制度の充実

新人介護職員向けの新人研修はもちろん、介護経験中級者向けの研修も整備されています。研修内容もスキルの向上、知識の向上、両面の研修が準備されています。
また、相談員向けなどの教育・指導もあり、幅広い職種への教育・研修サポートがあります。
月に一度、必ず何かしらの研修があるので、スキルアップ指導には関しては自信があります。 ≫もっと詳しく

リハビリ機能へのこだわり

ぬくもりグループでは「在宅での生活リハビリ」を合言葉に本気でリハビリ・予防に取り組んでいます。
事業としてはデイケア、訪問リハビリなどを実施するほか、機能訓練指導員の充実、日常の中に生活リハビリを導入するなどを行っています。
在宅に思い入れがある方には非常に適した法人です。 ≫もっと詳しく

身体に負担が少ない「誠安会介助法」

独自の介護技術検定「誠安会介助法」を導入しています。ぬくもり式介護は、簡単に言うと介助者本人への身体の負担が少なく感じる介護技術です。
ぬくもりグループでは介護という仕事を通じて、職員が身体を壊してしまわないように工夫を行っています。

福利厚生の充実

ぬくもりグループでは、一緒に働くメンパーを大切にしています。そのため、研修・教育だけではなく、各種社会保険やリフレッシュ休暇、介護福祉士資格取得支援制度などの福利厚生も充実させています。 ≫もっと詳しく

ぬくもりグループでは、利用者様に喜ばれ従業員もやりがいが持てる、風通しの良い職場を目指しています。そのため、利用者様にもっとも近い現場職員の意見を大切にし、その声を様々な場面の改善に活かしています。

先輩職員の声

先輩職員の声

介護職員
(介護老人保健施設 2015年12月入職)

「ぬくもり」のある仕事を行っていきたいです

直接人にかかわり、人の役にたつ仕事をしたいと思い、介護の世界にとびこみました。 最初は利用者様のお名前を憶えることからですが、逆に利用者様に私の名前を憶えて頂けるようなり、嬉しく思っています。 常に思いやりの気持ちを忘れずに信頼関係を築いていきたいと思います。 笑顔で「ぬくもり」のある仕事を行っていきたいです。

介護職ページへ

看護職員
(2010年8月入職 訪問看護ステーション)

みんなで協力し合う働きやすい職場です

ぬくもりに勤めて早7年目になります。育児をしながら仕事をしています。 家や保育園から近い職場を探していた所、ホームページで求人を見つけて勤めることになりました。 入職すると同じように育児中のスタッフが多くおられ、子供の急な熱での早退や子供の行事での休みなど、優しく交代してくださって助かっています。 みんなで協力し合っているので働きやすい職場です。

看護職ページへ

リハビリ専門職員
(2008年8月入職 理学療法士)

「仕事と「家事や育児」が両立できています

元々常勤で入職後、結婚・出産を経て現在は非常勤で週に3~4日働いています。
一番不安だったことは、子供の病気により仕事を急に休まないといけなくなること。そんな時でも「お互い様!」と快くお休みさせてもらい、職員の皆さんがいつも助けてくれます。
また、勤務のペースや時間を考慮してもらうことで、「仕事」と「家事や育児」の両立ができ、とても働きやすい職場です。

リハビリ専門職ページへ
ぬくもりブログ