介護職の3つの特徴

❶すべての職業の中で最も多く「ありがとう」と言われ、
「ありがとう」と思うことのできる職業です。

介護の仕事は、よく「ありがとう」と感謝の気持ちをもらえるのが魅力と言われます。 しかし、実際に現場に立ってみると「ありがとう」と言われる事よりも「ありがとう」と思うことの方が遥かに多く、また尊い感情である事に気付かされます。 人は人の助けを必要とし、人に必要とされる事を喜びに感じる存在です。「自分を必要としてくれてありがとう」こんな言葉が自然に出てくる場所って他には中々ないですよね?

介護の仕事

❷キャリアアップの道が明確です。

介護士の資格制度は、経験年数に応じて、研修を受講したり、資格試験を受験することで、着実にステップアップし、昇給・昇格に繋がるように制度設計されています。 介護系の最上位資格である介護福祉士を取得された後も、現場のプロフェッショナルとして要介護者の生活を直接支える、生活相談員として社会生活が円滑に営まれるようバックアップする、 ケアマネジャー資格を取得して在宅生活を支える・・・ 等々、ご自身の想い次第でいくつもの未来を描く事ができます。

❸業務を通じて得られる介護技術や知識は、
あなたの大切な人の“力”になります。

人はみな等しく年齢を重ねます。誰しも事故や病気で介護を要する状態になる可能性があるものです。ひとたび要介護状態になった際、介護に精通する人が傍におられる事が、 どれほど大きな心の支えとなるでしょうか。業務を通じて得た病気に関する正しい知識や介助方法を、大切な人の為に使ってください。

介助の手のカタチ

私達介護職員は、利用者様が施設に居られる時間全てが生活リハビリの機会と捉えています。 起居動作や移乗、入浴等の生活動作において、利用者様の残存能力を最大限引き出し、自立に繋げる為の介助方法を理学療法士・作業療法士と共に研究し、誠安会介助法として実践しています。

誠安会介助法は、介護する私達が利用者様の意向を無視して主導する事では決して無く、利用者様が自らの意思で動こうとされる方向とベクトルを同じくして、 お手伝いする事に主眼を置いています。

だから、私達の介助の手のカタチは「つかんで引っ張る」事を目的とする構えではありません。 あくまでも、利用者様の動線方向に後押しをする。行き過ぎれば倒れないように支える手です。

我々は「支え、後押しする」手で利用者様を援助していきます。

誠安会介助法の基本、手のカタチは私達の想いのあらわれです。

介助の手のカタチ

介護部長紹介

介護老人保健施設ぬくもり葛城
介護部長 津山美栄子

特別養護老人ホームぬくもり香芝
介護部長 中村早奈美

介護老人保健施設ぬくもり田原本
介護部長 久保貴司

先輩インタビュー

「ぬくもり」のある仕事を行っていきたいです。

直接人にかかわり、人の役にたつ仕事をしたいと思い、介護の世界にとびこみました。
最初は利用者様のお名前を憶えることからですが、逆に利用者様に私の名前を憶えて頂けるようなり、嬉しく思っています。
常に思いやりの気持ちを忘れずに信頼関係を築いていきたいと思います。 笑顔で「ぬくもり」のある仕事を行っていきたいです。

(介護老人保健施設 2015年12月入職)

新しい発見に触れ、楽しく働いています。

過去のいくつかのパート経験があるものの、介護とは無縁のもので、年齢的にも最後の仕事と思い、仕事を探していたところ 資格・経験不問という求人が目に入り、人の手助けが出来るこの仕事を身に付けたいと思い応募しました。
以来一から仕事を学び多くのお年寄りと接する事が出来、新しい発見の多い日々楽しく働いています。

(特別養護老人ホーム 2013年4月入職)

先輩に指導してもらい、充実した日々を送れています。

新人の私でしたが先輩に優しく時には厳しく指導してもらいながら、充実した日々を送れています。
利用者様のご自宅での生活がよりよいものになるように生活リハビリを念頭におき、介助するように日々努力しています。
利用者様の笑顔が私たちの活力に繋がります。気持ちよく過ごして頂けるように私も笑顔を絶やさず明るい雰囲気作りに取り組みたいです。

(通所リハビリテーション 2016年6月入職)

本当にやりがいのある素敵な仕事です。

将来の仕事について考えるようになった時、美容業界か福祉業界かですごく悩みました。 祖父母に何かあった時に少しでも恩返しができるようにというところが決め手になり、まずは介護の資格を取ろうと考えました。 利用者様の目標に向けて一緒に体操をしたり、もう少しでできる事をサポートさせて頂いたりと、 一緒に楽しみ頑張ることで、たくさんの笑顔や喜び声を聴かせてくださいます。 お話をしながら寄り添い、目標に近付けるようお手伝いができるのは、本当にやりがいのある素敵な仕事だと思っています。 「大変なお仕事よね?」「体力いるよね?」とよく聞かれますが、大変だと思ったことはあまりありません。 人の心をこんなに動かせるお仕事は中々ないと思います。皆さんにもぜひ感じていただきたいと思います。

(通所リハビリテーション 2013年4月入職)